HOME > おすすめ観光コース > 和歌山 > 勝浦・串本 > 1日 熊野世界遺産〜紀の松島 コース

勝浦・串本 エリア

spacer

1日 熊野世界遺産〜紀の松島 コース

spacer

 
おすすめポイント

・熊野那智大社 http://www.kumanonachitaisha.or.jp/
・那智の滝
・那智山青岸渡寺 http://www2.ocn.ne.jp/~sanzan/NTTcontents/seigan/
・橋杭岩 
串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立つ。海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天の邪鬼が賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっている。吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されている。
・太地くじら公園 http://www.town.taiji.wakayama.jp/sub01.html
・串本海中公園 http://www.kushimoto.co.jp/


いちおし!グルメ
・竹原 TEL0735-52-1134 
勝浦漁港に近い場所にあるこぢんまりした店は、週末には空き待ちの客が並ぶ人気店。本場「勝浦のマグロ」を地元ならではの味でお楽しみいただけます。
・割烹寿司 一心 TEL0735-52-5734 
本場勝浦ならではの本マグロを様々な料理で堪能。
・ほんまもん マグロ丼の店 山賀 TEL0735-52-3117
元仲買業の主人が選ぶほんまもんのマグロやクジラは、間違いなくほんまのんのおいしさ。
・いこら亭 TEL0735-52-1046
本場マグロやクジラ料理など多彩なメニューで楽しめる食事処。

名産・お土産
・本舗くじら家 TEL0735-52-0088 
クジラやマグロの加工品を作る南海水産直営店。クジラ加工品をメインに家庭で簡単に食べられる商品が揃う。
・太地漁協スーパー TEL0735-59-3517
地元漁協の経営だけに、クジラ肉を格安で買えると評判の店。地元で追い込み漁が行われる秋から春にはクジラの生肉も店頭に並ぶ。
・那智黒総本舗 TEL0735-59-3900
明治10年(1877)創業以来那智黒石の碁石を模した黒飴一筋。古くから紀州路のお土産の定番「黒飴の那智黒」の本社工場。

季節のたより・イベント
・7月14日  那智の火祭り
熊野那智大社例大祭。神々がもともと祀られていた那智の滝に里帰りする儀式を表すという、日本三大火祭のひとつ。
・10月第2日曜日  あげいん熊野詣
平安時代の熊野詣を再現するイベント。平安装束を身にまとい熊野古道を巡る。
・11月第1日曜日  太地浦くじら祭
郷土芸能が披露され、クジラ肉の販売や各種団体のバザーも開催。

 

紀の松島めぐり
    紀の松島めぐり
 
南紀勝浦温泉
紀伊半島東南部の海沿い、勝浦漁港を中心に広がる南紀勝浦温泉。古くは熊野詣での「湯垢離場(ゆごりば)」として栄えていた。170以上もの泉源を持ち、白浜と並ぶ南紀の代表的な温泉地として知られている。海に面して近代的なホテルや旅館が数多く建ちならび、それぞれに趣向を凝らした露天風呂が楽しめる。共同浴場や日帰り入浴できる施設も豊富。勝浦漁港は日本有数のマグロとカツオの水揚げ量を誇り、新鮮な魚介類が存分に味わえる。大小130の島々が浮かぶ「紀ノ松島」を遊覧船でゆっくり見て回るのもおすすめ。
≫詳細

 

大門坂(だいもんざか)
和歌山県の那智勝浦町にある坂道で、熊野那智大社への参道。熊野古道・中辺路の一部で、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録物件。かつて坂の入り口に大門があり、通行税を徴収していたことが名称の由来とされる。坂道の両側にまるで門柱のようにそびえる夫婦杉をくぐり、九十九王子最後の一社・多富気王子を横目に、樹齢数百年の深い杉木立の中に石畳の道をたどる。坂を上りきったところに青岸渡寺と熊野那智大社があり、那智滝へはもうすぐである。
≫詳細

 

熊野那智大社
(くまのなちたいしゃ)
熊野三山の一つで、主神「夫須美大神」他十二柱の神々を祀る神社。境内にある宝物殿では熊野信仰に関する資料を展示している。別宮である「飛瀧神社」の御神体は那智の大瀧。有名な那智の火祭はこの神社で執り行われる。
≫詳細

 

那智の大滝
那智山に多数ある滝のうち、一の滝が那智の大滝と呼ばれている。絶壁を切り裂くように落下する滝は高さ133m、滝幅13m、滝壷の深さ10m以上。毎秒1t以上もの水量は「日本一の大滝」にふさわしい迫力だ。遠くから眺めると、付近にある朱色の三重の塔と見事に調和しており、より美しい景観が楽しめる。
熊野那智大社
TEL:0735-55-0321

 

紀の松島めぐり
イルカやオルカ、クジラの形をしたユニークな船に乗り、ラクダ岩や鶴島といった自然景勝地や太平洋の青い海を眺めることができる。人気のコースは太地くじら浜公園で上下船し、くじらの博物館を見学できるAコース。他に、島巡りのみのCコース(1日1便)があり、約1時間の爽快なクルージングが楽しめる。
≫詳細

 

Copyright Japan Ryokan & Hotel Association Kansai. All rights reserved.